不祝儀袋とはお金の入れ方書き方読み方
スポンサーリンク

不祝儀袋の意味

不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)はそうぎ・法事での金品を
包むのに使う封筒や水引を結んだ袋のことです。
別名は香典袋とも言います。

宗教によって袋が違ってきますので、注意が必要です。
また、通夜、葬儀。法事によって。表書きが違うこともありますので
注意が必要です。

喪主がお寺さんに渡す場合は、お布施 お車代 御膳料などの
表書きになります。

読み方は ぶしゅうぎぶくろと読みます

不祝儀袋の種類

● 仏式は「白黒結び切り」の水引がついた不祝儀袋を使います。
不祝儀袋の表書きは「御香典」と書きますが、「御霊前」でも良いです。

気を付けてほしいのは、浄土真宗では「御香典」と書きます。

● 神式は、「双銀(銀色)」「双白(白だけ)」の結び切りの
不祝儀袋を使います。

表書きは「御玉串料」か「御榊料」と書きます。

● キリスト教式は、「十字架」または「花模様」を使います。
なるべく水引のない不祝儀袋が良いそうです。

表書きは「お花料」、カトリックであれば「御ミサ料」でもよいそうです。

スポンサーリンク
おすすめの記事