葬儀後の手続き
スポンサーリンク

急がなければならない手続き

  • 死亡届
  • 死体火葬火葬炉使用許可申請
  • 年金受給の停止の手続き
  • 介護保険資格喪失手続き
  • 住民票の抹消手続き
  • 世帯主変更の手続き

死亡届

死亡をした時から1週間以内に市区町村の戸籍課で手続きをしてくださいい。

必要な書類は医師による死亡診断書と届人の印鑑が必要です。

葬儀社での代理手続きができます。

私は、葬儀社にお願いしました。

死体火葬火葬炉使用許可書

これは死亡届と一緒に手続きをしてください。

葬儀社の代理手続きができます。

私は、葬儀社にお願いしました。

年金受給の停止の手続き

死亡ご速やかに市区町村の年金課で手続きをしてください。

(国民年金は14日以内に手続きを行ってください)

遺族年金の手続きは受け取る本人が年金事務所で申請の手続きをしてください。

本人が年金事務所に行けない場合は委任状を提出して代理申請ができますが
委任状は遺族年金を受け取る本人が自筆で書きます。

介護保険資格喪失の手続き


65歳以上(第1号被保険者)と40歳から64歳までで要支援・要介護認定を受けていた方が亡くなった場合、市区町村役場に介護保険被保険者証の返却と介護保険資格喪失届を提出します。


提出期限
死亡後14日以内
提出先
死亡者の住民票のある市区町村役場
届出人
同一世帯の家族、代理人
必要書類
介護保険被保険者証
介護保険資格喪失届
介護保険負担限度額認定証(交付を受けている方のみ)
保険料過誤状況届出書 (還付金が発生する場合)
添付書類等
印鑑

住民票の抹消手続き

死亡から14日以内に市区町村の戸籍課などで手続きをしてください。
(通常は死亡届を提出すると抹消されます。)

世帯主変更の手続き

故人 が3人以上の世帯の世帯主の場合
死亡から14日以内に市区町村の戸籍課などで手続きしてださい。

早めにした方がよい手続き

  • 生命保険の請求手続き
  • 相続税の申告と納税の手続き
  • 雇用保険の受給者証の返還手続き
  • 相続の放棄

生命保険の請求手続き

各生命保険会社に連絡をして、保険請求の申請書を郵送してもらい

請求手続きをしてください。

請求に必要な書類

● 請求書
●被保険者の住民票
●受取人の戸籍抄本
●受取人の印鑑証明
●医師の死亡診断書または死体検案書
●保険証券

●他

保険証に記載されている保険受取人が請求手続きをしてください。


相続税の申告と納税手続き

相続税の申告期限は、“被相続人が死亡したことを知った日”の翌日から
10か月以内と決まっています。

 

この“死亡したことを知った日”は通常であれば死亡日の当日となりますが
状況によっては必ずしも『相続開始日(死亡日)』=『被相続人が死亡したことを知った日』とならないこともあるそうです。

雇用保険の受給資格証の返還手続き

請求に必要な書類

  • 受給資格証
  • 死亡診断書
  • 住民票など

死亡1か月以内にハローワークで手続きをしてください。

相続の放棄

手続きに必要な書類

● 相続放棄申述書

死亡後3か月以内に被相続人の住所がある家庭裁判所で手続きをしてください。

また、通常通り受け取る場合には必要のない手続きです。

スポンサーリンク

名義変更・解約

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • NTT固定電話
  • インターネット
  • 携帯電話

これらの名義変更・解約はインターネットまたは電話で
変更手続きができます。

まとめ

役所などの手続きに必要な書類

  • 故人の除籍謄本        4~5通が必要
  • 故人の住民票(除票)     2~3通が必要 
  • 故人の改製原戸籍謄本     1通が必要
  • 手続きをする人に戸籍謄本   4~5通が必要
  • 手続きをする人の住民票    4~5通が必要
  • 手続きをする人の印鑑証明   4~5通が必要
  • 手続きをする人の本人確認が必要なもの(免許証・健康保険証)など

書類は申請の内容や相続人の人数などで、変わります。
少し多めに用意しておけば、なんども役所に行かなくても済みます。

私が、今 思うことは、手続きの順番のリストを作成して
必要な書類を電話などで調べて、まとめて市区町村の窓口で
取り寄せれば、もっと効率よく手続きができたと感じました。

しかし、突然のことですることがいっぱいあって、混乱していたのは事実です。

親のお葬式のことを前もって準備はできにくいと思いますが
自分が喪主になるような人は、少しだけでもいいので
葬儀のこと、葬儀後の手続きのことを調べてもいいように思います。

私は、何も準備なし(お墓なし・お寺さんなし・葬儀後の手続き準備なし)の
状態でした。





スポンサーリンク
おすすめの記事