お焼香のマナーを知らないと恥ずかしい思いをする
スポンサーリンク

お焼香には立ち礼焼香座礼焼香回し焼香があります

焼香の回数は 大抵の宗派では、1回あるいは3回焼香をします。
つまみ、おしいただき、落とすという基本的な作法があります。
行う回数は宗派によって違いがあります。

座礼焼香とは
自宅など畳敷きの場合には座礼焼香を行います。
自分の番になったら、立ち上がらずに中腰で進み、遺族・僧侶の順番に
一礼をします。

次に、遺影に一礼して、ひざを引きずるようにして(この時両手で体を支える)移動して
祭壇の前の座布団に正座して、焼香をします。

焼香後は、合掌をしてから向きを変えずにひざをついた状態で後ろに下がり
僧侶、遺族に一礼をします。

立ち上がって、中腰で自分の席に戻り座ります。

立ち礼焼香とは
椅子席の葬儀会場の場合は立ち礼焼香が行われます。

順番が回ってきたら、次に人に会釈をして祭壇に向かいます。
祭壇前で遺族と僧侶に一礼をして、祭壇前に行き、遺影に一礼します。

焼香台に進み、数珠は左手で持ち親指、人差し指、中指でお香をつまみ
おしいただく(宗派によってやり方が異なる場合があります)
左手は動かさずに、お香を高炉の中の焼香炭に落とします。

最後に遺影に合掌して、僧侶、遺族に一礼して自分の席に戻ります。

おしいただくとは、抹香を摘まんで額の前辺りに持ってくることです。

回し焼香とは
自宅などの狭い会場などで、座った状態で高炉台を自分の手元に置き焼香をして、隣に
座っている人に高炉台を回す形式の焼香の仕方のことです。

読経の途中で、僧侶から喪主に高炉台が渡され喪主が焼香をします。
次に、参列者に高炉が渡されて、順次焼香をします。

焼香の手順は
高炉台が自分のところに回ってきたら、軽く会釈して高炉台を受け取り、高炉台を
自分の前に置きい一礼をして親指、人差し指、中指でお香をつまみ
おしいただく(宗派によってやり方が異なる場合があります)
お香を高炉の中の焼香炭に落とします。

焼香が終わったら、祭壇に向かって合掌して、高炉台を隣の人に回します。

おしいただくとは、抹香を摘まんで額の前辺りに持ってくることです。

焼香の時に注意したいことマナー違反に気をつける

焼香をおこなう際にはマナーに注意しなければいけません。

故人のためにも遺族のためにも失礼のないように心がけましょう。

風邪などでは焼香の際だけはマスクを外しましょう。

風邪をひいていたり、花粉症だったりするとマスクは欠かせません。
風邪をひいているときは、他人に風邪をうつす可能性もありマスクは
必要です。

それでも、焼香の際にはマスクを外すのがマナーだと思います。
焼香に立つ前と席に戻った後にはマスクをしてください。
マスクを外すのは、焼香のときだけです。

焼香に着ていく服装も注意しましょう。

基本的にブラックフォーマルを着るようにしましょう。
略式礼服である喪服(ブラックスーツ・ブラックフォーマル)が基本です。
生地は黒で光沢素材でないものが良いでしょう。
上着はシングル・ダブルどちらでも構いませんが、パンツは裾がシングルのものを着用します。

靴下やストッキングも黒いものを用意しましょう。

靴にも気をつけるようにしましょう。
黒の革靴で紐で結ぶタイプ靴が基本です。
エナメルやスエード素材は避け、金具なしのシンプルな靴が良いでしょう。

髪の色についても当日だけでも暗めに変更できるようにしましょう。

お辞儀や焼香時に長い髪が邪魔にならないように気をつけましょう。
髪が長い場合は、ピンでとめるなどするとよいでしょう。


髪をまとめる際には、耳より下の位置でまとめるように注意しましょう。
高い位置でまとめるのは慶事のときだと言われています。

ヘアワックスやスプレーなどを使用する場合、香りがきつすぎないものを
選ぶとよいでしょう。

こちらも読まれています。宗派で違うお線香の本数とは

お香なら【香源】

数珠とは

通夜・葬儀などの焼香のときに使う複数の小さな玉に糸を通して
輪にしたものです。念珠とも言います。
お数珠(念珠)は仏式のお葬式・法要等の儀式には欠かせないものとなり、また厄除け
お守りとしてもその役割を担ってます。

正式数珠(念珠)とは
108個の玉からできている二重の数珠(念珠)のことです。男性用数珠(念珠)と
女性用数珠(念珠)に分かれており、各宗派ごとに決められた形式があります。

男性は大きい珠の数珠(念珠)を、女性は小さい珠を使うのが一般的です。

略式数珠(念珠)とは
すべての宗派の方がご使用可能な一重のお数珠(念珠)のことです。
男性用数珠と女性用数珠に分かれており、片手念珠と呼ばれております。

近年では素材の種類や色が豊富になりました。
個人の好みで数珠(念珠)を選べるようになりました。

玉の数も54玉(1/2)・36玉(1/3)・27玉(1/4)などがあります。

●親玉(おやだま):大きさが最も大きく、数珠の中心的な玉です。阿弥陀仏如来、あるいは釈迦如来を象徴しています。
          
●主玉(おもだま):本来は108個の玉で構成され、百八尊や、人間の百八を表しています。
略式の数珠の場合は108を割った数で構成されていましたが、昨今はその限りではありません。男性用の略式数珠は22玉が標準ですが、他にも18玉、20玉、27玉などがあります。女性用も数は様々で、37玉~43玉などあります。

●天玉(てんだま):主玉の間にある小さな玉です。略式数珠の場合は二つです。本来は四天王や四菩薩を象徴しています。

●ボサ玉(ボサ玉):親玉と房をつなぐ玉です。通常は略式数珠にのみある部位です。

●房(ふさ):頭付き房、梵天(ぼんてん)房、紐房など様々な種類があります。基本的にお好みの物を選べば良いとされています。素材は正絹(絹100%)の物をお勧めしています。

引用元  https://www.juzuya.jp/jyuzu3.php
スポンサーリンク
おすすめの記事