お墓参りの花選びマナー違反で恥ずかしい思いをしないために
スポンサーリンク

お墓参りに欠かせない花とお供え物。
お盆などのお墓参りにどんな花を選んだら良いか悩むことがあると思います。

私も、お墓参りにはどこでどんな花を買えばよいかわかりませんでした。
花屋さんが近くにあると酔うのですが、最近では。スパーやホームセンタ
ラックストアなどでも売っています。


宗派や地域、霊園、墓地などによっても異なりこともありますがご先祖様を供養する気持ちが
大切だと思います。

お墓参りにはどんな花を持っていけばよいのか

お墓にお供える花の種類についても特別な決まりはありません。
故人の好きだった花や色を選んでお供えしましょう。


お墓参りではあまり見かけないバラやかすみ草をお供えしても構いませんが、
トゲのある花は 次にお墓参りをした人が花を変えるときにけがをする可能性も
あるので避けた方が良いでしょう。

ドクダミなど嫌な臭いや 好き嫌いのある花の香りの植物 などは避けた方が
よいと思います。

ほかのお墓参りに来る人々に迷惑にならない香りであれば、
どのような花を選んでもよいと思います。

個人が好きだった花があれば、その花が一番だと思います。

お墓参りの花は造花でも大丈夫なのでしょうか

お墓参りの時に飾るお花はできるだけ生花が望ましいと思いますが、造花でも大丈夫です。
生花をお供えした場合、定期的にお墓を訪れて花を入れ替えなければ枯れてしまいます。


放置しておくと、葉や花が散乱して見た目が良くなく、虫が発生する原因にもなり
周囲に迷惑にもなります。

造花だと花が枯れる心配もなく、水を取り替える手間も省けます。

親族などに生花にこだわる人がいないかの確認はしておいた方が良いと思います。
造花は枯れないのですが、風で飛ばされることもありますので注意が必要かと思います。

最近は、 見た目が生花と同じに見える 特殊な加工により半永久的に咲き続ける
プリザーブドフラワーも人気があるそうです。


私も プリザーブドフラワー を見たことがありますが、最初は生花だと思っていました。
ただ、お墓の花にふさわしいかわかりません。

お手入れは、ホコリ・水分・直射日光を避ければ特に必要がなのですが
お墓は、場所によりますが、直射日光やほこり・雨などにさらされますので
半永久的に使えるかはわかりません。

生花よりは長持ちはします。
liLYS épice プリザーブドフラワー 仏花 仏壇用 お供え花 日本製 (パープル - 雅び -, 単品)

お墓参りのお花の値段は生花と造花どちらがお得なのか

●  生花の場合は
仏花としてバランスよく数本が束ねられてすでに作られているお花の場合は、500円~900ぐらいが
多いように思います。

お花屋さんに 希望する値段を言えばお花屋さんがそれに合わせてお花を選んでくれます。
お盆の時期になると、少し値段が高めになるような気がします。

● 造花の場合は
仏花として、1束2000円前後からAmazonなどで販売されています。
生花に比べると価格が高くなっていますが、生花のように枯れる心配はないので
お得かも知れません。

お墓参りで恥ずかしい思いをしないためにマナーを守りましょう

● ろうそくは
ろうそくに火を灯し、お墓参りを終えた後に必ず火を消して持ち帰るようにしましょう。
火災の原因になるので気をつけましょう。
ろうそくの火は口で吹き消さずに手で仰いで消します。

● お線香は
お線香は火が消えるまで見届けるのが理想ですが、周囲に燃え移るものがないかなど安全を
確認して帰りましょう。

● お供え物は
お供えした食べ物はお参りが終わったら持ち帰りましょう。
食べ物を放置しておくと、墓石の傷みの原因になったり、カラスが食べ散らかしてしまうことも
考えられます。

関連記

墓石の選び方お墓が完成しました墓地選びの失敗談

スポンサーリンク
おすすめの記事