香典返しのマナー習慣
スポンサーリンク

香典は相互扶助の心から始まったもので、葬儀の費用に充ててよいものです。

最近では、葬儀の当日、お帰りの際に一定の品物を渡すことが
増えています。

香典は「半返し」と言って香典としていただいた額の半分を返す習慣が
あります。

いただいた香典の額によって、お返しする品物に差をつけることをしなくても
心を込めた品物で良いのです。

一般的な品物は、お茶、石鹸、タオルなどなどが使われます。

香典返しの時期

葬儀の当日
即日返しや当日返しと呼ばれるもので、お通夜や葬儀の当日に香典返しを贈ります。

香典返しはいただいた香典の半額程度のものをお返しする「半返し」が一般的ですが、
即日返しをする場合には、お返しの品と挨拶状がセットになったものをあらかじめ準備して贈るため
会葬者全てに3,000円程度のものを贈ります。

一か月後
葬儀で当日返しをしていない場合には、四十九日法要を迎える前までに香典返しと共に
お礼の気持ちを伝えておきたいと考える方は、葬儀から一ヶ月ほどして生活が落ち着いてきたら
お礼状と香典返しを贈るのがいいでしょう。

忌明け法要・納骨の後
香典返しというのは弔事が滞りなく済んだことを伝えるのが目的ですので
葬儀で当日返しをしていない場合には、従来四十九日を過ぎた後に贈るのが良いでしょう。
 

香典返しを贈らなくても良い場合

香典返しは必ず贈らなくてはいけないというわけではなく、事情によっては贈らなくて良い場合もあります。

一例をあげると一家の働き手が亡くなってしまい、その子どもがまだ小さい場合
経済的にも不安があるのは当然ですから、香典返しを省略することは出来ます。


お通夜や葬儀に、前もって、香典や供え物をお断りする事を伝えていた場合も
お返しの必要はありません。

香典返しを贈らない場合であっても、会葬者にはお礼の気持ちとして挨拶状を送るのがマナーです。

スポンサーリンク

カタログや商品券は失礼になるのか

贈った相手が自分の好きな品物を選べるカタログギフトや商品券は
贈る側もあれこれ悩むことなく選べるので非常に便利です。

香典返しとして商品券やギフトカードを贈るのがマナー違反という訳ではありませんが
金額がわかる商品券を現金と同じだと考える人もいます。

商品券やカタログギフトでは気持ちがこもってないと感じる場合
他の品物と組み合わせてみるのも良いでしょう。

これだと、受け取られた人の印象が変わると思います。

香典返しに贈ってはいけないもの

香典返しの品物には、贈ってはいけないものも数多くあります。

一例をあげると、お酒や鰹・昆布等があげられます。

お酒は、神事を営む際に、お供えするものとされていますので、慶事で扱われる事から
不祝儀である香典返しには、適さないとされています。

また昆布は、『よろこんぶ』といったような、語呂合わせから喜びの言葉を連想させるとして
香典返しには適さない品物とされています。

またその他には、お肉や、魚類も、一部の地域や風習、宗教的な理由で
贈ってはならないものとされる場合が多いので、直接贈り物とするするのは
避けたほうが良いとされています。

しかし、カタログギフト等ならば、お肉類を選ばれるのは贈り先様の意思という事で、
贈られる方も多いようです。

社葬などのお返し

故人が会社や団体に特別の功労があった、あるいは死亡原因が業務上の事故だったといった場合は、
社葬や団体葬の扱いを受け、葬儀の費用は会社や団体が負担することがあります。

しかし、ご弔問のお香典を遺族が受け取る場合には、お返しは遺族が行う習わしです。

たき新 カタログギフト お香典返し 5800円コース 法要 香典 弔事 CHコース

関連記事

お墓参りの花選びマナー違反で恥ずかしい思いをしないために

スポンサーリンク
おすすめの記事