水引熨斗紙のマナー
スポンサーリンク

のしと水引のマナー知らないと恥ずかしい思いをする

のしは、日本の贈答の特徴ともいえるものです。
もともとはあわび貝を薄くのして干したもので
生ものの象徴でした。

また、昔からあわびは貴重な食材で不老長寿の象徴として用いられました。

のしとは、のし鮑(あわび)の略です。

これを包装の上から右肩に貼ることで生ものを添えましたという意味になります。

【目次】

● 熨斗(のし)


のしは慶事一般の贈り物に付けます。
のしの起源は、慶事に贈る酒の肴(さかな)であったといわれます。

肴の、特にあわびを細くむいたものを引き伸ばした「のしあわび」を、「伸ばす、永遠」の意味を込めて送り先の発展を祈り、贈り物に添えました。

● 熨斗をつけないこともあります

鮮魚、肉などには「のし」を付けません。

不祝儀や病気見舞い・災害見舞いなどには
熨斗をつけません。

● 熨斗(のし)紙

慶事の贈り物には、白い奉書紙(ほうしょがみ)を掛け、水引で結び、のしを付けます。

これらを一枚の紙に印刷したものを、一般に「のし紙」と呼んでいます。

● かけ紙弔事用

水引だけを印刷してあるものをかけ紙といいます。
弔事や病気見舞いなどに使用します。

● 水引

慶弔いずれの場合も、祝儀袋やかけ紙には「水引」を掛けます。
飛鳥時代に遣隋使とともに来日した随の使者の贈呈品に結ばれていた、紅白の麻ひもであったといわれます。

江戸時代には日本独特の文化として定着しました。

慶事には
紅白・金銀・赤金、

弔事には
白黒・黄白・青白・銀が多く使用されます。

結び方
濃い色が右、薄い色が左になるように結びます。

結び方には、花結び(蝶結び)結び切りの2種類があります。

花結び(蝶結び)
すぐにほどけ、何度も結び直せることから、何度あっても喜ばしいシーンに使用します。
婚礼以外の一般的な祝事、出産祝、内祝い、お礼などに使用します。

結び切り
一度結んだらほどけないことから、一度きりのお祝いのシーンに使用します。
婚礼関係(結婚祝いや結婚内祝い)等に使用します。

水引の本数
慶事には、5本・7本・9本の奇数を使用します。
婚礼関係には5本2束の10本を使用します。
弔事には、2本・4本・6本の偶数を使用します。

まとめ

私の恥ずかしい勘違いは
のしとは、熨斗と水引を印刷してある紙のことだと思っていました。
熨斗と水引は別だと今このブログを書き始めて知りました。

私が喪主をして、いろいろなことを学びました。
わからないことだらけで、ほとんどが書籍とインターネットで調べて
情報を得ました。

【こちらの記事も読まれています。】
お車代御膳料をパソコンで印刷しよう

スポンサーリンク
おすすめの記事