ひざ裏のばしで免疫力アップか

腰椎の圧迫骨折後腰の痛みがあり、書店で見つけたかわむらクリニックの川村明先生の
5秒ひざ裏のばしですべて解決の本を読んで実践中です。

たった3つのポーズで奇跡が起きると書かれていました。

私には、腰の痛み肩の痛み胃の痛みなどいろいろ体の不調で悩んでいます。
胃の痛みは1年前からで、胃カメラ・大腸カメラ・CT検査・血液検査など
あらゆる検査をしましたが、これといった原因が見つかりません。

とにかく、食べると気持ち悪くなり食欲がありませんし、食後は胸やけ
胃の痛みなど不快な気持ちになり困っていました。

たった3つのポーズでこれらが解消できればなと思いひざ裏のばしに挑戦することに
なりました。

【目次】

スポンサーリンク

川村明先生の壁ピタ壁ドン1・2・3でひざ裏のばし

ひざ裏が伸びると体や心の不調が改善するそうです。
その秘密は体の伸展力にあるようです。

伸展力とは体を伸ばす筋肉の力です。
伸展力を担うのは体の後ろ側の筋肉です。

若いときは体をまっすぐにして立つことは難しくないのですが
高齢になると伸展力が衰えてきます。

そして、背中が丸くなっていきます。
姿勢が悪いなと気づいて背筋を伸ばすのですが、すぐにまた
もとに戻って、背中が丸くなります。

これは、ひざ裏が伸びていないからなのです。

このひざ裏を伸ばす体操がたった3つのポーズ
壁ピタ・壁ドン・ワンツースリー体操なんです。
私はこちら本を参考にしました。
5秒 ひざ裏のばしですべて解決 ― 壁ドン! 壁ピタ! ストレッチ

壁ピタ壁ドン1・2・3でひざ裏のばし1か月経過

壁ピタ壁ドン1・2・3でひざ裏のばしを始めて1か月が経過しました。

この3つの中で一番難しかったのは壁ピタでした。
本の中で体験記が書かれていて、かかとと背中を壁にくっつけると
怖いと書かれていました。

私も同じように前に倒れるような感じになり、怖かったです。
1週間も続けると、怖くなくなりました。

30日間毎日休まず、壁ピタ・壁ドン・1・2・3をやり遂げました。
何をやっても3日坊主で終わるのに、今回は30日間頑張れたことに
驚いています。

立位前屈で両手がの平が床につきませんでした。

本を読むと30日間で両手が床ぴたっとくっつくと書かれていましたが
残念ながら、私はできませんでした。

しかし
初日に立位前屈をした時には、床まで30センチほどありましたが
30日間で指先が床まで5センチくらいまでになりました。

これはすごいと思います。

あと30日間で、床ピタを目指して奮闘中です。

壁ピタ壁ドン1・2・3でひざ裏のばし50日経過

壁ピタ壁ドン1・2・3でひざ裏のばしを始めて1か月が経過しました。

50日毎日続けたことに自分自身驚いていますが
まだ、 立位前屈で両手が床まで3cmほどです。

今までの自分なら、こんなのできるわけがないと、あきらめるのですが
ここで、あきらめるとできなかったことになるので
できるまで、何か月かかろうがやることに決めました。

本を読むと1か月で 立位前屈で両手がの平が床についた人がいるのですが
他人と比べても仕方がないので頑張ります。

壁ピタ壁ドン1・2・3でひざ裏のばし60日経過

60日続けてまだ、 立位前屈で両手が床まで1cmほどです。
もう少しで指が床に届くのですが、手のひらがぴたっりくっつくまで
まだ時間がかかりそうです。

今までの自分なら、こんなのできるわけがないと、あきらめるのですが
ここで、あきらめるとできなかったことになるので
できるまで、何か月かかろうがやることに決めました。

本を読むと1か月で 立位前屈で両手がの平が床についた人がいるのですが
他人と比べても仕方がないので頑張ります。

スポンサーリンク
おすすめの記事