名義人の死亡後の銀行口座は凍結するのか
スポンサーリンク

銀行口座の名義人が死亡すると口座が凍結すると思っている人が
多いのではないでしょうか。

実は私も凍結すると思っていました。

しかし、今のところすぐに口座が凍結されることはありません。

役所に死亡届を出しても、役所から金融機関に連絡はいきません。

なので、口座名義人が死亡してもお金の出し入れは自由にできますが
そのまま、死亡した人の口座を使うのはよくありません。

故人の預貯金は遺産です

金融機関は死亡したことがわかると即口座が凍結して、お金の出し入れが
できなくなります。

なぜ、出し入れできなくなるのかというと、口座に入っているお金は『遺産』です。

『相続財産』になります。

遺産分割の対象になるので、相続人が勝手にお金をおろすことができないようにするためです。

金融機関側は、遺産相続のトラベルに巻き込まれるのを避ける目的が
あるのだと思います。

金融機関が口座人の死亡を知るきっかけ

  • 家族からの報告
  • 新聞のお悔み欄
  • 町内の掲示板

などの情報をもとに口座の凍結を行ないます。

なので少しタイムラグがあります。

お葬式の費用は金融機関によっては引き出せるところもあるようです。

金融機関に相談するのもよいと思います。

私の経験からいえることですが、名義人が死亡した後からの相談は、相談した時点で口座が凍結
するので、きをつけてください。

死亡した名義人の口座から葬儀費用を引き出す

葬儀費用などを名義人の口座から引き出したい場合は

遺産相続人全員の許可をもらって、お金の流れを

記録しておきましょう。

これば、面倒なトラベルを避けるために大事です。

凍結した名義人の口座引き落としの変更手続き

凍結した口座は、出し入れは全くできなくなります。

なので、公共料金・ローンなどの引き落としも止まってしまいますの

早めに、名義変更、引き落としの口座変更の手続きをして下さい。

公共料金の名義変更・口座変更の手続きは、電話でできます。

電話をかけると、口座変更の申し込み用紙を郵送してくれるので

それに、銀行名 口座番号等を書いて同封の返信用封筒に入れて郵送すれば手続きは完了です。

これは、。簡単な手続きで済みます。

凍結した名義人の口座を解除する手続き

この手続きがちょっと面倒です。

手続きに必要な書類

● 銀行からもらった申請書
● 被相続人の戸籍謄本
● 相続人全員の印鑑証明書
● 相続人全員の戸籍謄本
● 被相続人名義の通帳 キャッシュカード

銀行からもらった申請書には相続人の全員の住所・氏名・捺印(実印)が必要です。

一番大変なのは、相続人全員の捺印(実印)と印鑑証明書が必要なことです。

相続人が全員市内あるいは県内だと比較的簡単に署名・捺印(実印)がもらえるのですが
一人でも県外に住んでいると、時間と費用がかかります。

書類の提出から手続きが完了するまでに1~2週間ほどかかるようですが
わたしの場合は、申請書と必要な書類を銀行の窓口に提出して
1時間半ほどで審査が完了して、その日のうちに
現金を引き出すことができました。

これも、各金融機関で多少の違いがあると思います。

手続きに必要な書類等も各金融機関で多少違うかもしれません。

● 被相続人の戸籍謄本とは

1 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
2 除籍全部事項証明(除籍謄本)
3 改製原戸籍謄本
4 戸籍附票

などの戸籍謄本があります。
私の場合は、戸籍全部事項証明と改製原戸籍謄本を提出しました。

● 相続人全員の印鑑証明とは

相続人全員に住所・氏名を記入してもらい捺印してもらい
印鑑証明を一緒に提出します。

● 相続人全員の戸籍謄本とは

相続人の現在の戸籍謄本
わたの場合は戸籍全部証明書を提出しました。

相続人の範囲と順番

● 1番目の順位 実の子供だけでなく養子も含まれます。子供が亡くなられている場合は孫が
  相続人になります。
● 2番目の順位 父母など直系尊属(祖父母、租祖父母などの直系の先祖)にあたる人
● 3番目の順位 兄弟姉妹で養子も含まれます。兄弟姉妹が亡くなられている場合は
  甥、姪が相続人になります。 


まとめ

名義人が亡くなって、一人になってしまう場合は
生活に必要な分はあらかじめ引き出しておいた方がいいかも
しれません。



わたしが銀行で手続きをしていた時の話ですが
おばあさんが銀行の窓口で、おじいさんがなくなったのですが
おじいさんの口座から、公共料金を払いたいのですがと
話していましたが、おじいさんの口座は凍結していたのです。



銀行の窓口の方が、この場合は手続きが必要ですよと言っていましたが
そのおばあさんは、一人暮らしで手続きの仕方はわからないと
言っていました。

窓口の方が、それではしばらくお待ちくださいねと言って
上司の方と話し合っていました。

その後、どうなったのかはわかりませんが
全額は引き出せないと思います。



死亡後に引き出しても、相続問題が起こらないようなら
あらかじめ引き出した方がいいのかなと感じました。

金融機関の相続の手続きは各金融機関で行いますが
土地、建物の相続は法務局で手続きをします。
私は一人で相続登記の手続きを行ないました。

スポンサーリンク
おすすめの記事