サボテン水やり不要のらくらく簡単水栽培1年経過

さぼてんの栽培で失敗すのは水のやりすぎです。

私も何度もサボテンの栽培をやりましたが、水やりの失敗で
さぼてんをだめにした経験があります。

さぼてんはそんなに水をやらなくてもいいので、楽そうに思いますが
水やりの回数が少ないので、かえって水をやるのを忘れて
さぼてんを枯らすことになった経験があります。

そこで、水やりを失敗しない方法はないかといろいろ調べて
さぼてんの水栽培を始めました。

さぼてんの水栽培のやり方は、以前書きましたし
他の方もたくさん記事を書いていますので
それを参考にしてください。

今回はサボテンの水栽培を始めて最後に水を好感してから
1年間何もせずに元気にサボテンが育っている様子を
報告します。

ひでき
水が少なくなっています

ひでき
サボテンは元気です

1年前は容器の上部まで水を入れてありました。
この調子だと年末に水の入れ替えをすれば

来年いっぱい水の取り換えはしなくて良さそうです。

さぼてんの水栽培は簡単で楽です。

【関連記事】

サボテンの水栽培水耕栽培100円ショップで簡単に始めました

スポンサーリンク
おすすめの記事