初心者のためにRAMとROMメモリについて違いを解説
スポンサーリンク

メモリとはどんな働きをするのか

【目次】

メモリとは、パソコンやスマートホンなどのデータを記憶する
部品です。

読み書きできるRAM(ラム)
読み出し専用のROM(ロム)があります。

例えば家具を作るときの作業場=(メモリ)とします。
広い作業場=(メモリ)と狭い作業場=(メモリ)では
広い作業場=(メモリ)のほうが作業がしやすいですね。

パソコンやスマートホンも同じくメモリが大きいほど
データの処理が速くなります。

ひでき
RAMは揮発性ROMは不揮発性

揮発性は電気が流れないと記憶したデータが消える。

なので、パソコンの電源が切れると読み込んだデータが
消えます。

不揮発性は、電源が切れてもデータは消えません。

ひでき
RAM(ラム)とは

RAM=Random Access Memory(ランダムアクセスメモリ)
読み書きができるメモリです。

コンピューターが処理で使う一時的な記憶をするメモリです。
電源が切れると記憶したデータが消えます。

パソコンのデータを記憶する部品になり、電源が切れると
記憶したデータが消えます。

DRAMとSRAMがあります。

ひでき
DRAMとは

DRAM(Dynamic Random Access Memory)ダイナミック ランダムアクセスメモリ)

DRAMは、記憶データをコンデンサの電荷として蓄えています。
しかし、コンデンサの電荷は自然放電をしデータが消えますので
定期的にデータの読み出し書き込みを行います。

DRAMは主に、パソコンのメインメモリ(主記憶装置)において、CPU(中央処理装置)とストレージ(HDDやSSD)の間でデータの受け渡しを行っています。

例えば家具職人(CPU)がストレージ(工具置き場)から工具を出して
DRAM(作業場)で仕事をするイメージです。

どんなに優秀な職人(CPU)でも狭い作業場(メモリ)では能力が発揮できない
のと同じです。

ひでき
SRAMとは

SRAM(Static Random Access Memory)スタティクランダムアクセスメモリ

DRAMと違って、定期的にデータの読み出し書き込みをしなくてもよい。

SRAMは、メモリ容量を大きく必要としないCPU内部のキャッシュメモリなどで
使用されることが一般的です。

a

ひでき
ROMとは

ROM(Read Only Memory)リードオンリメモリ

RAMのように電源を切っても書き込まれているデータが消えることがない
不揮発性メモリです。

ユーザーが書き込みができないメモリで、パソコンの不変部分に使用
されています。

パソコン以外では、プリンターを起動するファームウェア指示書などに
使用されています。

TEAM DDR4 2666Mhz PC4-21300 8GBx2枚(16GBkit)デスクトップ用メモリ Elite Plus シリーズ 日本国内無期限保証(永久保証)正規品

【関連記事】

初心者のためのわかりやすいCPUの基本

 

スポンサーリンク
おすすめの記事