初心者が学ぶwordの使い方文章に赤い波線が付く対処法

スポンサーリンク

赤い波線が付く対処法 Word2019

Wordで文章を書いていると、文章中の言葉に赤の波線が付くことがあります。
自動文章校正機能が作動しているからです。

自動文章校正機能とは
Wordは入力する文章を常にチェックし、「これは間違いできないか」または「別の表現の方が適切かもしれない」といった判断をしています。

波線の付いた言葉を右クリックすると、ショートカットメニューか開き、チェックされた理由や正しい候補が表示されます。

下記のように「散歩にに行く」のしたに赤の波線が付いた場合は
1.波線が付いた文字を右クリックします。
2.赤枠の箇所にチェックされた理由と正しい候補が表示されるので
 赤枠の箇所を左クリックします。

3.正しい文章に訂正されて表示されます。

文章が間違っていないのに赤い波線が付いた時の対処法 Word2019

ときどき文章に間違いがないのに、赤の波線がつくことがあります。
対処法は

1.波線が付いている文字を右クリックします。
2.ショートカットメニューが出るので「すべて無視」を
 左クリックします。
3.赤い波線が消えます。

自動文章校正機能をOFFにする方法

新語・流行語などにも敏感ですぐに、赤い波線が付くので
イライラしている方は、自動文書校正機能をオフにするのも
良いかもしれないですね。

ひでき
自動文書校正機能をオフにする

1.Wordのファイルを左クリックします。
2.オプションを左クリックします。
3.文書校正機能を左クリックします。
4.下記の画面になります。
5.赤枠の自動文書校正を左クリックして「レ」を外します。
6.右下の赤枠のOKを左クリックします。

スポンサーリンク
おすすめの記事