初心者が学ぶWordの使い方アンカーマーク

Wordで作成した文章に画像や、テキストボックスを挿入すると、左余白に「碇のマーク」が現れます。

この碇のマークのことを「アンカー」と呼びます。

挿入した画像などがどの段落に結び付けられているかを教えてくれるもので、最も近い段落に結び付けされます。

スポンサーリンク

アンカーマークとは何か

アンカーマークとは
画像またはテキストボックスがどの文字列の段落に
結び付けされているかを表す記号です。

画像やテキストボックスを移動させれば、アンカーマークも一緒に
移動します。

下記の場合は
左上のアンカーマーク1が段落記号2の文字列の左上にあるので、この画像は
「1.柴犬の散歩」の文字列に結び付けされていることを表しています。

● 「1.柴犬の散歩」を範囲選択すると画像も一緒に範囲選択(文字が反転)します。
  「1.柴犬の散歩」と画像が結び付けられていることがわかると思います。

下記の場合は(画像を下方向に移動した)
左上のアンカーマーク1が段落記号2の文字列の左上にあるので、この画像は
「3.柴犬の散歩」の文字列に結び付けされていることを表しています。

● 「3.柴犬の散歩」を範囲選択すると画像も一緒に範囲選択(文字が反転)します。
  「3.柴犬の散歩」と画像が紐付けされていることがわかると思います。

文章を削除すると画像も一緒に消える対処法

文書を編集中に、画像が削除されたりどこか他の段落に飛んで行くことがあると
思います。

それは、アンカーマークが移動したからだと思います。

画像の削除や移動を防ぐには、削除したい段落に画像が結びついていないか
確認してください。

削除したい段落に、画像が結びついてたらアンカーマークをほかの段落に
移動すれば文書だけが削除されて画像は残ります。

例えば下記の図で「あ」の文字が書いてある段落を削除すると
画像も一緒に削除されます。

削除されないようにするには
アンカーマークにマウスポインターを合わせて左クリックしながら
下の段落までずらしてください。

これで、「あ」の文字が書いてある段落を削除しても文字だけ消えて
画像は残ります。

下記のように画像は残ります。

a

スポンサーリンク

アンカーマークが表示されない場合の対処方法

1.ファイルを左クリックします。

2.オプションを左クリックします。

3.表示を左クリックします。
4.アンカー記号を左クリックして「レ」を付けます
5.OKを左クリックします。

【関連記事】

初心者が学ぶWordの使い方段落と改行の違い

スポンサーリンク
おすすめの記事