初心者が学ぶWordの使い方ショートカットキー

Wordで作業をしていていると、キーボードとマウスの両方を使うことが多いと思います。
ショートカットキーは、マウスを使わずに、キーボードを使ってWordでの操作を
簡単にそして時間の短縮になります。

これは初心者の方も簡単にできるので覚えておくと便利です。

Word2019を使ってショートカットの使い方を説明します。

スポンサーリンク

Wordでショートカットキーの使い方

Ctrl
上書き保存 Ctrl」キーを押しながら「S」を押す。
コピー Ctrl」キーを押しながら「C」を押す。
貼り付け Ctrl」キーを押しながら「V」を押す。
切り取り Ctrl」キーを押しながら「X」を押す。
すべて選択 Ctrl」キーを押しながら「A」を押す。
太字 Ctrl」キーを押しながら「B」を押す。
斜体 Ctrl」キーを押しながら「I」を押す。
下線 Ctrl」キーを押しながら「U」を押す。
中央揃え Ctrl」キーを押しながら「E」を押す。
左揃え Ctrl」キーを押しながら「L」を押す。
右揃え Ctrl」キーを押しながら「R」を押す。

ひでき
上書き保存

「Ctrl」を押しながら「S」キーを押します。
Wordで作成中の文書を上書き保存をします。

こまめに上書き保存をするときには便利なショートカットキーです。

ひでき
コピー

「Ctrl」キーを押しながら「C」キーを押します。
範囲選択した文字列や画像をコピーします。

ひでき
貼り付け

「Ctrl」キーを押しながら「V」キーを押します。
Wordでコピーや切り取りした文書や画像を
貼り付けます。

ひでき
切り取り

「Ctrl」キーを押しながら「X」キーを押します。
Wordで文書や画像を切り取ります。

ひでき
すべて選択

「Ctrl」キーを押しながら「A」キーを押します。
Wordでファイル内すべてを選択します。

ひでき
太字

「Ctrl」キーを押しながら「B」キーを押します。
Wordで文字を太文字にします。
もう一度「Ctrl」キーを押しながら「B」キーを
押すと標準の文字に戻ります。

ひでき
斜体

「Ctrl」キーを押しながら「I」キーを押します。
Wordで文字を斜体にします。
もう一度「Ctrl」キーを押しながら「I」キーを
押すと標準の文字に戻ります。

ひでき
下線

「Ctrl」キーを押しながら「U」キーを押します。
Wordで文字の下に線を引きます。
もう一度「Ctrl」キーを押しながら「U」キーを
押すと標準の文字に戻ります。

ひでき
中央揃え

「Ctrl」キーを押しながら「E」キーを押します。
Wordで文字を中央に揃えます。
もう一度「Ctrl」キーを押しながら「E」キーを
押すと元の位置に戻ります。

ひでき
左揃え

「Ctrl」キーを押しながら「L」キーを押します。
Wordで文字を左に揃えます。
もう一度「Ctrl」キーを押しながら「L」キーを
押すと元の位置に戻ります。

ひでき
右揃え

「Ctrl」キーを押しながら「R」キーを押します。
Wordで文字を右に揃えます。
もう一度「Ctrl」キーを押しながら「R」キーを
押すと元の位置に戻ります。

スポンサーリンク
おすすめの記事