お葬式後の法要
スポンサーリンク

お葬式が終わってもたくさんの法要があります。

●中陰法要

  • 初7日  死後7日目  遺族や知人と供養する。最近は葬儀と一緒に行うことが多いです。
  • 27日  死後14日目 遺族だけで供養する。
  • 37日  死後21日目 遺族だけで供養する。
  • 47日  死後28日目 遺族だけで供養する。
  • 35日  死後35日目 49日の次に重要な法要ですが、最近は簡素化されています。
  • 49日  死後49日目 最も重要な法要です。遺族・知人と供養する。

●年忌法要

  • 新盆     49日後の初盆  この1年で亡くなった人を供養する。
  • 100カ日  死後100日目  遺族や知人と供養する。
  • 1周忌    満1年の命日   遺族や知人と供養する。葬儀後の遺族の様子を知ってもらう
  • 3回忌    満2年の命日   遺族や知人と供養する。これ以降法要の規模を小さくする。
  • 7回忌    満6年の命日   遺族だけで供養する。
  • 13回忌   満12年の命日  遺族だけで供養する。
  • 17回忌   満16年の命日  遺族だけで供養する。
  • 23回忌   満22年の命日  遺族だけで供養する。
  • 27回忌   満26年の命日  遺族だけで供養する。
  • 33回忌   満32年の命日  一般にはここで法要は終了です。
  • 37回忌   満36年の命日
  • 50回忌   満49年の命日

お斎(おとき)とは何でしょうか

法要の後お坊さんや親戚と食事をすることをお斎といいます。
故人の思い出話をして故人を偲ぶためとされています。
お坊さんや親戚の感謝の気持ちを表したものであります。

地域によってさまざまな風習があります。

お斎を行なわない場合もあり、その場合は料理を折り詰めにして
持ち帰ってもらいます。


49日・1周忌・3回忌が特に重要

49日は死者の罪を裁く「最後の審判」が行われ、個人の霊の行き先が決まる日。

遺族や近親者が集まって法要をした後納骨が行われます。

死後1年目の祥月命日(亡くなった日と同じ月日の命日)にも遺族や近親者で

法要して、葬儀後の遺族の様子を知ってもらいます。

3回忌も1周忌と同じく法要を実施。

それ以降は遺族だけで執り行うことがほとんどです。

お斎(おとき)の席順

法要後に食事会場へ移動した際に、参列者の皆様がどこに座ったらいいのか迷うことがあります。
そのようなことがないように、施主は前もって席順を考えておく必要があります。

町内の新年会などでは、自由に座ってもらったり、くじ引きで座席を決めることも
ありますが、お斎の場合はそんな風にいかないので親戚・グループなので
人間関係を考えて、お斎が和やかな雰囲気に進行するように
席順を考えるとことが大事です。

御斎(おとき)の料理

昔は、肉や魚を使わない精進料理でしたが、最近では懐石料理や仕出し弁当などが
多くなっています。

  • 懐石料理
  • 出前寿司
  • 会席料理
  • 仕出し弁当
  • オードブル
  • ケータリング

まとめ

人がなくなると、成仏するようにと法要を行います。

初七7日からはじまって49日(中陰法要)まで続きます。
そのあとは、1周忌・3回忌と続き定められた年の
年忌法要があります。

これらの中で最も重要な法要は
49日・1周忌・3回忌です。

スポンサーリンク
おすすめの記事