初心者が学ぶWordの使い方余白を設定する方法

Wordを使用して文書を作成していて、もう少し余白があったら
1ページに文書が収まるのにといったことはありますね。

余白の大きさを変更することで、文字数を増やしたり、減らしたりすることが
できます。

今回はこの余白の設定方法についてWord2019を使って説明します。

スポンサーリンク

Wordで余白を設定する方法

ひでき
余白とは

余白とは
赤丸内の「L」マークの外側が余白になり、文字入力はできません。
文字入力ができるのは「L」マークの内側(図の青い部分)です。

余白が多くなれば、書き込みできる文字数は少なくなります。
余白が少なくなれば、書き込みできる文字数は多くなります。

ひでき
余白の設定方法

1.レイアウトをマウスで左クリックします。
2.余白をマウスで左クリックします。
3.標準・狭い・やや狭い・広い・見開きページの中から
 マウスの左クリックで選択します。

下記の図は余白「標準」です。

上:35.01mm 下:30mm
左:30mm   右:30mm

この数値の意味は
用紙の上端から35.01mm
用紙の下端から30mm
用紙の左端から30mm
用紙の右端から30mmとなります。

下記の図は
余白「狭い」


下記の図は
余白「やや狭い」

下記の図は
余白「広い」

これ以外にも自由に余白の大きさを変えることができます。
ユーザー設定の余白を左クリックします。

赤枠箇所に直接数字を入力または、上向き▲、下向き▼を左クリックして
数値を入れてください。

初心者が学ぶWordの使い方「もくじ」

スポンサーリンク
おすすめの記事