宗派で違うお線香の本数
スポンサーリンク

お線香

仏壇でお参りするときに、お線香の本数を考えたことありますか
私は、まったく考えたことなかったので調べてみました。

宗派別のお線香の本数

お線香をあげるときに気を付けること

お線香をあげる前にはお仏壇の前で一礼をします。
お参りの後にも、仏壇の前で一礼をします。

お線香は本数に関わらずまとめて手に持ち、ロウソクの火でつけます。
お線香に直接火をつけてはいけません。
ロウソクに火がついていないときは、自分でまずロウソクをつけましょう。

お線香やろうそくの火を消すときは、口で息を吹きかけて消さないことです。
手であおいで消すか、ローソクの火を消す便利な仏具があります。

お線香とお香の違い

作り方など、基本的なこと同じです。
お香は香を楽しむためのものであり、お線香は仏事に使われます。


ご自分の香りの好みでお線香をお香として
または逆にお香をお線香として
使っても良いそうです。

最近では、香りの良いお線香や煙の少ないお線香が
たくさん販売されています。


線香の種類

  • 杉線香   用途は主にお墓用
  • 匂い線香 用途はお寺・家庭用

匂い線香は 椨(たぶ)の木の皮を粉末にしたものを主原料に
加羅(カラ)・白檀(ビャクダン)などの香木・香料などの
粉末を合わせて作られます。

杉線香は杉の葉で作られています。
杉といえば、花粉症のイメージが強く、良いイメージがありませんが
杉で作るお線香は、煙が多く出るのでお墓参りに向いていると
親しまれているお線香です。

お線香を焚く意味

いろいろな説がありますが、私が聞いたのは
故人の食事という考えです。

仏教では、人が亡くなればあの世へ旅立つとされています。
故人が線香の匂いを食べながらあの世まで食事に困らないように
49日間線香を焚くということだそうです。


49日が過ぎるまで寝ずの番をして線香の火を絶やさないようにするといった
習慣があると聞きました。

自身の身を清めるという意味もあります。
お線香の香で、臭いを消す消すことができることから、お線香を
焚くことで身を清めることができると仏教では
考えられているそうです。

真言宗のお線香の本数は

お線香の立て方は、高炉の中で逆三角形にお線香を立てます。
要するに手前側にお線香を1本、ご仏壇側に2本のお線香を立てます。
それで、3本すべてのお線香に火をつけます。

天台宗のお線香の本数は

お線香の立て方は、高炉の中で逆三角形にお線香を立てます。
要するに手前側にお線香を1本、ご仏壇側に2本のお線香を立てます。
それで、3本すべてのお線香に火をつけます。

浄土真宗のお線香の本数

お線香の立て方は1本ですが、浄土真宗は1本のお線香を
2つまたは3つに折ります。
そして、高炉に立てずに寝かせます。

お線香を2つまたは3つに折るのには理由があります。
高炉の大きさで、2つまたは3つに折るのです。
お線香を寝かせる方向は左右どちらでも構いません。

浄土宗のお線香の本数は

お線香の本数は1本で香炉の中央にお線香を立てます。
お線香を立てる理由は時計がなかった時代に、僧侶がお線香を立て
燃え尽きるまでの時間を目安として修業などをしたと言われています。

曹洞宗のお線香の本数は

お線香の本数は1本で香炉の中央にお線香を立てます。
お線香を立てる理由は時計がなかった時代に、僧侶がお線香を立て
燃え尽きるまでの時間を目安として修業などをしたと言われています。

日蓮宗のお線香の本数は

日蓮宗では、お線香は1本立てるとされていますが3本の場合もあります。
お線香に火をつけて左手であおいで、火を消してから
高炉に供えましょう。

宗派別のお線香の本数まとめ

同じ宗派であっても僧侶によって考え方や作法が異なる場合もあり、上記の通りでなくても間違いというわけではありません。

宗派の焼香の回数やお線香の本数や作法などをを知ることは大切ですが
最も大切なことはしきたりや作法よりも故人のことを大切に思うことが
なによりの供養になると私は思います。


そして形式的になりがちな焼香ですが、故人を偲び
仏壇に手を合わせることが大切なことではないかと思います。

ひできの独り言

私は親がなくなることで、仏教のことを学びました。
いろいろな宗派があり、しきたりや作法は違いますが
一番大事なことは、感謝の気持ちではないかと思います。
香源

スポンサーリンク
おすすめの記事