香典の表書きは御霊前・御仏前どっち
スポンサーリンク

不幸があった時に包む香典ですが、宗派によって違うって
知ってますか。

私は全く知らなくて、自分が喪主になって
初めて知りました。

宗派で違う香典の表書き

浄土真宗・曹洞宗以外は御霊前

浄土真宗以外は『御霊前』と書けばいいそうです。

『御霊前』は多くの宗教に使えるので、宗教がわからない場合は一般的に
『御霊前』または『御香典』を使用するケースが多いようです。

『御霊前』が使えるのは49日前まです。
それ以後の49日・新盆・一周忌などは『御佛前』『御仏前』を使用します。

浄土真宗では、死後すぐに極楽往生して仏になると
考えられているため葬儀の時点から香典は、『御仏前』になります。

他の宗派では、49日の法要が過ぎてから仏になると
考えられているために、香典は『御霊前』となります。

香典のお札は新札それとも古いお札どっち

香典のお札は、古いお札を使うのが

香典に使用するお札は古いお札を香典袋に入れます。
昔から香典には古いお札を入れるしきたりがあるそうです。

その理由は、遺族にお札を用意していたという印象を与えないため
それと、新たな不幸を招かないようにと、願いを込めて
古いお札を香典袋に入れるそうです。

しかし、あまりにもしわが多くて汚れているお札を入れるのも
遺族に失礼です。

新札を使うときは、半分に折って折り目を付けて
香典袋に入れるといいそうです。

まとめ

香典袋の表書きをあまり気にしていなかったのですが
宗派によって違うとは思いませんでした。

喪主を経験して、大変忙しい思いもしましたが
いろいろ勉強にもなりました。

葬儀には、昔からのしきたりやマナーが大事だと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事