お車代御膳料をパソコンで印刷しよう
スポンサーリンク

【目次】

香典袋をパソコンで印刷はマナー違反なのか

香典袋に表書きや名前をパソコンなどで印刷できればきれいな香典袋になります。

香典袋には表書きや名前を書くのが一般的です。
文字を書くことが下手で、自分で表書きや名前を印刷した方が良いと考える人も
少なくないと思います。

た だ、名前の印刷は、なんだか香典袋を準備する手間を省いているようで失礼なので
はないかというようにも思えます。

● 香典袋の表書きや名前を書き方には明確な決まりはないようです。

香典袋の表書きは、すでに市販の香典袋には印刷されているものが多く
販売されています。

それに、最近ではパソコンなどを使う方が増えてきていることもあり、それに伴って
印刷する方も多くなってきています。

 香典袋の表書きは印刷でもよいでしょうか。
表書きは、印刷でもよいと思います。

● 香典袋の名前は手書きが無難でしょう。
名前は印刷だと心がこもっていない。
あらかじめ用意していたのではないか。
などといった考えをお持ちの人もいらっしゃるので
手書きは無難ではないかと思います。

● 喪主をした時の私の感想は読みやすい字が一番
私が喪主をして、香典をたくさんいただき、いろいろ香典袋をなを見てきましたが
字がきれいだとか汚いというよりは、だれもが読みやすい字が一番だなと思いました。

香典袋の字を見て、あの人は字が汚いと思うことはありませんでした。
字が汚いから失礼だということはないと思います。


一般的な法事などで使用するお布施の袋は、市販されている『お布施』と
印刷されている封筒や不祝儀袋で問題ないのですが、お車代・御膳料などと
印刷した封筒や不祝儀袋はお店に置いていない場合もあります。

そんな、場合は手書きをすればよいのですが、私は手書きが苦手なので
Wordを使って、封筒にお車代・御膳料を印刷しました。

自分の名前は手書きにしました。

Wordでのお車代・御膳料の印刷方法

私はWord2010を使って印刷を行いました。
封筒の大きさは、90mm×180mmです。

  1. ページレイアウトからサイズをクリックして用紙を長形3号に設定します。
  2. ホームをクリックして書体をHG行書体に設定します。
  3. 文字サイズを48に設定します。





私が使ったWordは少し古いので、最新のWordとは画面が少し違うかもしれませんが
こんな感じで、印刷を行いました。

文字の大きさや書体は、変更できますのいろいろ試してみては
いかがでしょうか。

のしと水引のマナー知らないと恥ずかしい思いをする

● 熨斗(のし)
のしは慶事一般の贈り物に付けます。
のしの起源は、慶事に贈る酒の肴(さかな)であったといわれます。

肴の、特にあわびを細くむいたものを引き伸ばした「のしあわび」を、「伸ばす、永遠」の意味を込めて送り先の発展を祈り、贈り物に添えました。

● 熨斗をつけないこともあります。
鮮魚、肉などには「のし」を付けません。

不祝儀や病気見舞い・災害見舞いなどには
熨斗をつけません。

● 熨斗(のし)紙
慶事の贈り物には、白い奉書紙(ほうしょがみ)を掛け、水引で結び、のしを付けます。

これらを一枚の紙に印刷したものを、一般に「のし紙」と呼んでいます。

● かけ紙
水引だけを印刷してあるものをかけ紙といいます。
弔事や病気見舞いなどに使用します。

● 水引
慶弔いずれの場合も、祝儀袋やかけ紙には「水引」を掛けます。
飛鳥時代に遣隋使とともに来日した随の使者の贈呈品に結ばれていた、紅白の麻ひもであったといわれます。

江戸時代には日本独特の文化として定着しました。

慶事には
紅白・金銀・赤金、

弔事には
白黒・黄白・青白・銀が多く使用されます。

結び方
濃い色が右、薄い色が左になるように結びます。

結び方には、花結び(蝶結び)結び切りの2種類があります。

花結び(蝶結び)
すぐにほどけ、何度も結び直せることから、何度あっても喜ばしいシーンに使用します。
婚礼以外の一般的な祝事、出産祝、内祝い、お礼などに使用します。

結び切り
一度結んだらほどけないことから、一度きりのお祝いのシーンに使用します。
婚礼関係(結婚祝いや結婚内祝い)等に使用します。

水引の本数
慶事には、5本・7本・9本の奇数を使用します。
婚礼関係には5本2束の10本を使用します。
弔事には、2本・4本・6本の偶数を使用します。

まとめ

お布施・お車代・御膳料などの封筒はネットでも買うことができます。
私の場合は、時間がなくネットで注文することはできなかったので
自分でWordを使って印刷しました。

自分で印刷した後で、わかったことはお車代・御膳料の印刷された封筒は
意外と身近なところで販売されていました。

100円ショップやショッピングセンターの文房具売り場で
販売されていました。

お布施の封筒は何度も使うと思いますが、御膳料は多くは使わないので
無地の封筒を買って自分で印刷したほうが無駄がないかもしれないですね。

Canon プリンター インクジェット複合機 PIXUS TS8230 ホワイト (白)

iPhone8も活躍しました。
自分なりに設定を変更して使いやすくして、葬儀や葬儀後の
手続きをこなしました。

関連記事

iPhone8の設定変更

参考になれば幸いです。



スポンサーリンク
おすすめの記事